鼻づまり解消ガイド TOP → 鼻づまりの原因 鼻づまりのメカニズム

鼻づまりのメカニズム

鼻から吸い込んだ空気は、鼻の中を通って、そこからさらに下方の咽腔を通って気管から肺へと流れこみます。鼻の中の通り道が何らかの原因で狭くなったり、塞がってしまうと鼻づまりが起こってしまいます。

鼻の中の構造について知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。実は鼻の中は筒抜けの状態になっているのではなく、意外と入り組んだ構造になっています。鼻の中の外側の壁には、棚の様な段々がいくつか存在しています。正面から見ると一番手前の下段に下鼻甲介(かびこうかい)があり、その上の少し奥に中鼻甲介(ちゅうびこうかい)があって、鼻から入ってきた空気は、これらの間を通りぬけて咽へと流れていきます。

鼻の中は単純に空気を通すだけでなく、吸い込んだ空気を適度な温度に加温し、加湿したり、空気中の塵や細菌、ウイルスなどを除去するフィルターとなる役割を果たしています。このことから鼻の中の表面積は意外と広く入り組んだ構造になっています。

鼻甲介の棚の様な段々は、表面を粘膜で覆われていて、その下には血管などの結合組織があります。骨の中ではこの粘膜と結合組織がふくらんだり縮んだりすることによって、鼻の通りが調整されていて、この調整がうまくいかないと鼻づまりを引き起こしてしまいます。

調整がうまくいかなくなる原因には、鼻の粘膜に炎症が起こって、粘液腺や漿液腺から分泌されるものが多くなることで鼻腔内に鼻水がたまってしまうこと。また炎症などによって鼻粘膜が腫れてしまって鼻腔内が狭くなると、空気の流れが悪くなってしまいます。このようにして鼻づまりが起きてしまいます。

鼻づまりの原因


ホイールアライメントの調整
について