鼻づまり解消ガイド TOP → 鼻づまりの原因 先天的な疾患によるもの

先天的な疾患によるもの

鼻づまりとは、鼻腔が狭くなることで空気の通りが悪くなり、鼻呼吸ができなくなってしまうことで、様々な鼻の病気が原因で見られる症状です。先天的に鼻腔の構造に異常があると、鼻づまりの症状が出てしまうことがあります。外傷によって鼻腔が変形して鼻づまりの症状を引き起こすこともあります。

日常的によく見られるものに、鼻中隔彎曲症というものがあり、鼻づまりの症状が見られ時には鼻出血を伴うことがあります。成人の鼻中隔の80%〜90%に多少の彎曲が見られますが、その彎曲が大きくて鼻づまりなどの症状がある場合に鼻中隔彎曲症と診断されます。

左右の鼻の間には空間を仕切る壁である鼻中隔があります。鼻中隔彎曲症は、小さな子供の頃にはまっすぐだった鼻中隔が、成長期に「くの字」や「逆くの字」や「S字」、または「逆S字」などの形に曲がってしまうことで発症します。これは誰にでも起こりうる現象ですが、この曲がりが特に強い状態だと鼻づまりを引き起こしてしまいします。

鼻中隔彎曲症では、鼻中隔が曲がって出っ張ってしまう側が鼻づまりを起こすのですが、反対側の下鼻甲介が肥厚してしまうことが多いために、結局は両側の鼻がつまってしまうことになってしまいます。鼻中隔彎曲症の治療では鼻中隔を矯正する手術を行います。外来で手術を行っている病院は今のところあまりないので、たいていの場合は数日間入院することが必要になります。

先天性後鼻腔閉鎖症も鼻づまりを引き起こします。先天性後鼻腔閉鎖症は、鼻の穴から喉の間までの空気の通り道が生まれつきふさがっている状態のことですが、とてもまれな病気です。

鼻づまりの原因