鼻づまり解消ガイド TOP → 鼻づまりの原因 その他

その他

鼻茸と呼ばれる鼻の疾患があります。鼻茸は慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎と関係が深いもので、その症状は左右どちらか、または両方が鼻づまりの状態になります。鼻づまりがひどくなると鼻で息が全くできなくなったり、鼻の穴から鼻茸が顔を出すようになることもあります。

鼻茸は鼻ポリープのことですが、鼻にきのこがはえるわけでも腫瘍ができるわけでもありません。鼻茸とは鼻や副鼻腔の粘膜が炎症を繰り返すことで、その一部の腫れやむくみが戻らなってしまうと、房状に垂れ下がってしまうことで、できるものです。

鼻の構造である中鼻甲介と下鼻甲介の間から出てくることが多く、他にもさまざまな場所にできるものです。片側だけにできることもありますが、両側にできる方がむしろ多く、鼻茸が何個もできて鼻の中を覆っていることもあります。このように鼻の中が鼻茸で満たされてしまうと、鼻づまりのように鼻呼吸がほとんどできなくなり、これが両側となるとかなり症状が辛いものになります。

鼻茸の多くは蓄膿症である副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎といったように、炎症が長引く病気が原因となってできてしまいます。鼻茸の治療には、原因となる副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎に対する鼻処置や内服薬、点鼻薬などの処方を行いますが、それで改善されない場合には手術を行って鼻茸を切除することもあります。

一度鼻茸が出来てしまうと、換気が悪くなり粘膜が機能不全を起こしてしまいます。それによって自力での粘膜修復ができなくなると、さらに鼻茸が増大してしまうという悪循環に陥ってしまいます。そのためこの悪循環を断ち切る治療が必要になります。

鼻づまりの原因


ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で