鼻づまり解消ガイド TOP → 鼻水、鼻づまり、くしゃみ 肥満細胞

肥満細胞

鼻水、鼻づまり、くしゃみの症状と肥満細胞は深く関係しています。アレルゲンとなる花粉などが、鼻粘膜の肥満細胞表面にあるIgE抗体に結合すると肥満細胞が刺激されてヒスタミンを分泌します。ヒスタミンは鼻粘膜に分布しているくしゃみ中枢を刺激するので、すぐに連続的なくしゃみの症状が起こります。これは鼻に付着してしまった花粉などをくしゃみで吹き飛ばそうとしているのです。そしてそれと反射的に鼻水が分泌されるようになります。

ヒスタミンが知覚神経を刺激することで、猛烈なかゆみを引き起こします。こうして花粉症の症状である鼻のむず痒さや目のかゆみといった症状が起こるのです。アトピー性皮膚炎などのかゆみの原因となっているものもこのヒスタミンです。

肥満細胞からヒスタミンと呼ばれる化学伝達物質が過剰に分泌されると、これをうけて鼻粘膜の血管が広がり、血流が加速していきます。ウイルスを撃退するために多くの血液を送ろうとするので鼻粘膜の組織が腫れあがってウイルスのさらなる侵入を防ごうとするので、鼻の通りが悪くなって鼻づまりを引き起こしてしまいます。

このように肥満細胞はヒスタミンを分泌して、応急処置としてくしゃみや鼻水で花粉を撃退しようとしますが、それで終わりではなくそれから半日ほどたってひどい鼻づまりが始まるようになります。くしゃみや鼻水で応急処置が行われている間に、肥満細胞の内部では様々な物質が作られて放出されているのです。

鼻水、鼻づまり、くしゃみ


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!