鼻づまり解消ガイド TOP → 副鼻腔炎 急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎

鼻の粘膜はウイルスに感染しやすく、感染してしまうと鼻腔や副鼻腔の粘膜に炎症をおこしてしまいます。そして細菌が二次感染することで粘膜の炎症がさらにひどくなってしまいます。炎症を起こして粘膜が肥厚してしまうと鼻腔が塞がって、膿が副鼻腔にたまるようになります。この状態が急性副鼻腔炎で、これを放置すると慢性副鼻腔炎へとつながっていきます。

まず鼻の中に風邪のウィルスや花粉症の花粉が侵入することで、くしゃみや鼻水などの症状が頻発するようになると鼻腔が炎症を起こしてしまいます。この状態を放っておくと炎症が副鼻腔まで広がっていき副鼻腔の中が腫れて炎症を起こすようになります。

副鼻腔は自然口と呼ばれる直径2〜3mmの小さな穴によって鼻腔とつながれていますが、鼻腔や副鼻腔が腫れてしまうと自然口が狭くなり、鼻腔と副鼻腔の間が滞ってしまいます。こうなると通気が悪くなるので、副鼻腔の中の空気が悪くなり、通常であれば自然口から排出されていく分泌物が副鼻腔の中に徐々に溜まっていきます。その分泌物が細菌に感染することで爆発的に増殖して化膿することで急性副鼻腔炎になるのです。

急性副鼻腔炎の症状は、黄色く粘りのある鼻水が多く出るようになったり、鼻が詰まることから鼻水が喉に落ちてしまったり、場合によって副鼻腔付近の歯や頬や額に痛みを伴うことがあります。鼻腔内の炎症が副鼻腔にまで広がるのには時間がかかります。そのため風邪の治りかけの頃に黄色い鼻水が出てきて副鼻腔炎と診断されることがあるようです。

副鼻腔炎


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!