鼻づまり解消ガイド TOP → 副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎やアレルギー性の副鼻腔炎が長引くと、膿が副鼻腔内に貯まるようになって炎症性の粘膜肥厚やまた副鼻腔に膿が溜まりやすい骨格などが原因となって慢性的に炎症を起こすようになります。これを慢性副鼻腔炎と呼び、いわゆる蓄膿症のことです。

風邪が治って鼻の粘膜がもとに戻れば、自然口が開通するようになり急性副鼻腔炎も治っていきますが、鼻の粘膜の炎症が長引いてしまうと自然口がなかなか開通せず、副鼻腔内は澱んだままで膿も溜まりっぱなしの状態となります。

副鼻腔に溜まった膿は徐々に粘膜にダメージを与えるようになり、粘膜は炎症を起こして腫れて線毛もぼろぼろになっていきます。このように炎症を起こした状態の粘膜では線毛運動が正常にできず、膿はますます溜まっていき、感染が鼻腔まで拡大していきます。

慢性副鼻腔炎の症状には鼻づまりや黄色い鼻水、後鼻漏などがあります。症状は急性副鼻腔炎とほとんど同じですが、一般的にみると急性副鼻腔炎より軽いようです。また嗅覚や味覚にまで障害が及ぶこともあります。

慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎などの副鼻腔の炎症が長引くことで引き起こされるものですが、症状が長引く原因には、ウイルス感染やアレルギーの他に環境汚染や食生活による遺伝、体質的な要因などが考えられます。そのため同じ急性副鼻腔炎を発症しても慢性化する人と治癒する人がいるようです。

慢性副鼻腔炎の治療には、外科手術と内科治療があります。外科治療の場合はかつて口内から上顎を切開する手術方法でしたが、現在では内視鏡手術が一般的で患者の負担が少なくすむようになっています。

副鼻腔炎


タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!