鼻づまり解消ガイド TOP → 副鼻腔炎 好酸球性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎はまだ不明な部分が多い疾患ですが、難治性副鼻腔炎の多数を占めていると言われています。その特徴は血液中の好酸球値が高くなることや、気道や副鼻腔粘膜組織に好酸球浸潤ができること、成人に多く発症することなどです。

好酸球とは白血球の一種である顆粒球の1つで、好酸球性副鼻腔炎は血液中の好酸球が活発になることで副鼻腔粘膜が破壊される病気のことで、喘息との合併による難治性の蓄膿症のことです。好酸球性副鼻腔炎は篩骨洞に病変があることが多く嗅覚障害がよく見られます。アレルギー検査ではIgE値がさまざまなので、鼻アレルギーとの関与は少ないようです。 非アトピー喘息のアスピリン喘息と一緒に併発することが多く、鼻茸(鼻ポリープ)を合併することが多い疾患です。

好酸球性副鼻腔炎でおこる粘膜障害は、好酸球に含まれている好酸球塩基性蛋白によるものです。好酸球塩基性蛋白は寄生虫を退治してくれる働きをするものですが、その一方で上下の気道の粘膜を破壊することで炎症を起こしてしまいます。好酸球性副鼻腔炎は鼻だけの病気でなく、喘息などの呼吸器全般の病気の症状が副鼻腔まで広がった結果として、蓄膿症になるものです。

治療ではマクロライド系の抗生物質で改善効果が見られず、内視鏡下鼻内副鼻腔手術を行っても術後経過があまり期待できないことが多いようです。細菌感染などで発症する副鼻腔炎の主な症状は、鼻づまりや鼻漏、後鼻漏、頭痛、頭重感などですが、好酸球性副鼻腔炎ではそれらの症状はそれほど見られず、嗅覚の異常が主な症状とされています。

副鼻腔炎


マイスリー 副作用
マイスリーの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!