鼻づまり解消ガイド TOP → 副鼻腔炎 副鼻腔真菌症

副鼻腔真菌症

真菌とはカビのことで、副鼻腔真菌症とはカビが原因となって副鼻腔に炎症を起こしてしまう病気のことです。副鼻腔にカビが増殖してカビの塊をつくって強い炎症を引き起こすのです。場合によって副鼻腔壁にある骨まで破壊することもあるようです。

副鼻腔真菌症の原因となる真菌には、アスペルギルスが最も多く、ムコールやカンジダなどが原因となることもあります。このような真菌は通常体に影響を及ぼすことは少ないのですが、体の抵抗力が弱くなっていたり、抗生物質を頻繁に使用していたり、ステロイドを長期使用することなどで全身の抵抗力が弱くなっていると誘発されることがあるようです。また糖尿病や悪性腫瘍などの基礎疾患があると副鼻腔真菌症にかかりやすくなると言われています。

副鼻腔真菌症の症状は、膿性で黄色く粘性のある鼻汁が左右どちらかの鼻から出てきて悪臭を伴うようになります。患側の鼻がつまり、痛みや鼻血を引き起こします。副鼻腔だけに限って炎症を引き起こすことがほとんどです。しかし、ごくまれですが眼や脳の中まで進むことがあり危険なため注意が必要です。こうなると高熱や激しい頭痛、眼球突出、視力障害などが見られるようになります。

副鼻腔真菌症で真菌が原因となっている場合は抗生物質を注入することで治療を行います。治療をしても治らない場合は手術治療を行うことがあります。内視鏡下で行う鼻内手術によって副鼻腔にできた真菌塊を取り除いて粘膜を清掃します。まれな例で骨破壊まで進んでしまった場合には抗真菌薬を全身に投与して鼻の外から切開することで病変を完全に取り除く手術が必要になります。

副鼻腔炎


http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/

ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/