鼻づまり解消ガイド TOP → 副鼻腔炎 原因

原因

ヒトの鼻は、息呼吸を行う鼻腔と鼻腔に隣接している副鼻腔で構成されています。鼻腔と副鼻腔どうしは自然口と呼ばれる小さな穴でつながっていて換気をしています。副鼻腔には頬の奥にある上顎洞(じょうがくどう)と目の内側にある篩骨洞(しこつどう)、目の上にある前頭洞(ぜんとうどう)、篩骨洞の奥にある蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)があります。いずれも骨壁で囲まれた空洞になっていて、粘膜で連続している部分なので、炎症が広がりやすく、これらの副鼻腔に炎症が起こることで副鼻腔炎が引き起こされます。

副鼻腔の炎症は風邪などによっておこります。また、炎症によって発生した膿が自然口から排泄されないで溜まってしまうことにより慢性化してしまうのです。また溜まった膿によって粘膜肥厚がおこると膿を排泄するのがさらに困難になり悪循環に陥ってしまいます。

副鼻腔炎はかぜに引き続いて細菌による感染が副鼻腔にまで広がることで発症します。細菌が副鼻腔内で繁殖すると急性的に炎症を起こして、その結果副鼻腔内に膿がたまってしまいます。

副鼻腔炎の原因として考えられる細菌には、肺炎球菌やインフルエンザ菌、次いでブドウ球菌などがあげられます。かぜに引き続いてこれらの細菌が感染することで発症するものですが、潜水したりや飛行機に乗ることによって副鼻腔の気圧が急激に変化してしまうと副鼻腔炎が発症する場合があります。また外傷が原因となって発症する場合もあります。疲労や病気によって体の抵抗力が低下している状態では特に発症しやすくなるようです。

副鼻腔炎


抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐をお考えならおしゃれで機能的なsun&beach!