鼻づまり解消ガイド TOP → 鼻づまり解消法 手術する

手術する

一年中鼻づまりに悩んでいる方は手術について一度は聞いた事があるかもしれません。人気のあるレーザー治療をはじめとして、鼻づまりを解消させる手術がいくつかあります。どれも健康保険が適用されるものなので自分に合う手術を選んでください。鼻づまり解消の手術は日帰り手術から入院手術まで様々です。自分の症状や状態、費用などにあわせて信頼できる耳鼻科の先生とよく相談をすることが大切です。

・レーザー治療
レーザーの光をあてて、過剰反応してしまう鼻の粘膜を焼きつけることでその細胞を破壊していく手術です。日帰りで手術を行える病院もあります。麻酔をするので、痛みもなく出血も少ないため気軽に受けることができます。完治するわけではないため、鼻の細胞が もとに戻り始めたらまた手術を受ける必要があります。

・ラジオ波治療
周波の高い電気を使って手術する方法です。費用はレーザー治療とほとんど同じですが、レーザー治療と比べると比較的安全に受けられる手術です。レーザー治療の効果が得られない時にラジオ波治療で効果が得られる場合があります。またレーザー治療よりも出血が少なく、手術時間も短いので患者の負担も軽くすみます。

・下甲介粘膜切除術
肥厚化した粘膜を切除する手術です。レーザー治療やラジオ波治療で改善されない場合に、この手術をすると改善する効果が高いようです。手術時の痛みや出血があるので入院が必要になります。また鼻の骨が変形している場合は、同時に鼻中隔湾曲手術を行って鼻の通りをよくする事もあります。

鼻づまり解消法


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!